病院 ~歯医者の属する〈審美歯科〉など歯科を中心に

 調べることで、病に打ち勝つ

病院

hospital

人は病気や怪我により傷病者となった場合、医療機関による治療を受けることになる。そのための場所として、病院がある。
病院とは、傷病者の治療やその前後のケアを行う施設の名称であり、そこに存在する組織を指す言葉でもある。

その施設で行われる医療的な行為は、医学と歯学とに立脚した医業に分けられる。
現在、わが国では医学と歯学との間には違いを設けられており、内科医や外科医の常駐する医療施設と、歯医者の属する歯科病院とは区別されている。
その背景には、現代ほど発達していなかった歯の傷病に対する治療においては、技術的な側面が強かったという歴史がある。
ただし、高度な歯科治療が可能となった現在においては、医学と歯学とを統合するべきであるという意見も散見される。

これらの事情から、病院は医科と歯科とを行う施設である、と定義されるのである。

診療所

building

傷病者に対する治療を行う設備を持った建物は、さまざまな法律に基づいて建設され、運営されることになる。
建築基準法においては、入院ベッドや治療設備を備えたこの施設は特殊建築物のカテゴリーに入り、その中で定められた基準に沿って建てられる。
また、バリアフリー法や医療法、消防法などが特別に適用されることになる。

この施設というのは、病院と診療所とに種類分けすることが出来る。その基準となるのが、収容することが出来る傷病者の数である。20人を境に、それ以上を収容できる施設が「病院」とされ、19人以下の収容を可能とする施設を診療所と称する。
診療所は、別名「医院」と呼ばれるものであり、開業した医者や歯医者の経営する施設ということになっている。
診療所の特徴としてあるのが、入院治療よりは通院治療、あるいは在宅治療を主とするところにある。身近な町の医療施設という位置づけにあり、傷病治療のうち、初期治療を主に手がけるものである。

種類

医科と歯科についての傷病治療を行う施設である病院や診療所(医院)は、その中でも特に専門とする分野は何かということに従って、細分化される。
専門とする分野というのは、医科と歯科の中にさらに枝分かれした、外科や内科、口腔外科や審美歯科などを指す。

その施設を訪れた人々が抱える、傷病の種類や程度は千差万別である。たとえば、或る病気に罹患した人に対して、内科で治療するか、それとも外科か、といった違いが出てくる。
傷病の種類や程度によって、行くべき医科や歯科の分野が違うのである。


[0]
千葉市の歯科では歯のことはもちろん、口臭の悩みにも対応!;こみね歯科医院
明石市にある歯医者では世界的な治療をしています;【アップル歯科クリニック】
親知らずの治療なら専門の歯医者さんで|親知らず専門外来